So-net無料ブログ作成

復活前主日/棕櫚の十字架作り [お知らせ]

17日(日)は復活前主日。

週報のカットはこちらです。
syuhou20110417.jpg










祭壇には棕櫚の葉が飾られていました。
P1020390-1.jpg


















この日は9:00から棕櫚の十字架作りをしました。
前田司祭の指導の下、みんなで和気あいあいと十字架作りにいそしみました。
出来上がった十字架は礼拝の中で祝別された後、おのおのが席へ持ち帰り、福音書が読まれている間、手に携えていました。


☆棕櫚の十字架の作り方
P1020377-1.jpg①葉の裏面を上にして横置きにする。右から4~5センチのところで折る。







P1020378-1.jpgさきほどと同様にもう1回折る。








P1020379-1.jpg②葉を裏返すと同時に、折りたたんだほうが左手にくるように持ち替える。葉の右端を持ち、葉先が自分の手前にくるように持ってきて、葉が折り重なっていないところで、直角になるように葉先を自分の手前に持ってきて折る。





P1020380-1.jpg③下に伸びた葉の幅の分だけ左に折る。








P1020381-1.jpgもう1回同様に折る。するとちょうど十字架の真ん中へくるようになる。(葉の太さによってズレることもあります[たらーっ(汗)]







P1020382-1.jpg④葉を持ち上げ、下に伸びた葉先を後ろ側へ回してから前へ持ってきて、中心の筒状になったところへ上から通し、きっちりと折り目をつける。
<追記>中心がズレている場合は、いったん軽く折り目をつけた状態で、縦の軸が中心にくるようにずらしてから、きっちりと折り目をつける。→2013年の十字架作りで伝授された技[ぴかぴか(新しい)]



P1020384-1.jpgきっちりと折り目をつけたところ。















P1020385-1.jpg⑤下に伸びた葉先を前に持ってきて、中心の筒状のところを下から通す。














P1020387-1.jpg















P1020388-1.jpg⑥十字架の縦棒の長さを調節したらきっちりと折り目をつける。これで十字架のできあがり。















葉の太さによって、ピッタリと十字架の形が決まるのもあれば、「おやおや~」というような形になってしまうものも。でも、みなさん最後にはコツをつかんで、きれいな十字架がたくさん出来上がりました。
来年の灰の水曜日まで、大切に保管しておきましょう。

その他はこちらでどうぞ
    ↓
http://gallery.nikon-image.com/119296931/albums/2361063/



お世話になった棕櫚の木さんです。
P1020363-1.jpg
















ありがとうございました。来年もよろしくたのみます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。